弔う側の気持ち

納骨と納骨堂のことをここまで見てきましたが、最後に、「弔う側の気持ち」

から納骨を考えていきましょう。

やや個人的な話になりますが、お付き合いいただけると嬉しいです。

 

マナーとは

「死」にからみつき、まとわりつく「マナー」はあります。

時折この「マナー」は、大上段から振り下ろされます。


私は遺族として、そしてスタッフとして、何度も何度も、

「まったく、あのひとは常識のない、こんなお式をして」という言葉を

耳にしました。


「マナーというのは、人に強制するものではなく、周囲に迷惑をかけないように

自分自身に課すものです」

と私の夫は語ります。

この言葉には、多くの意味が含まれているように思われます。

 

何が大切か

葬儀にしろ納骨にしろ、大事なのは、弔う側の気持ちと故人の気持ちです。


納骨は一周忌をめどに行われるのが一般的ではありますが、

遺族の気持ちに整理がつかなければ、いつまでも手元においておいて

かまいません。


「それではかわいそう」

「いつまで経っても成仏できない」

「浮かばれない」と言ってくるひともいるでしょう。


ですが、その故人を愛しいつくしみ、大切に思うが故に「手放したくない」と

いうのが弔う側の気持ちなら、それもまた供養の形です。


納骨堂という選択肢は、かつては無縁仏などを収容する、という意味合いが強く、

今でもこのような理由で嫌がるケースもあります。


このようなひとに、無理に納骨堂を勧めてはいけません。

しかし便利さと将来のことを考えて納骨堂を選ぶひとを責めることもできません。


一番大切なのは、弔う側の気持ちです。

自分が弔う側になったときにどうやって見送りたいか、

そして自分が死んだときどこを終のすみかにしたいかを考え、

納骨場所を選択したいものですね。


まずは資料請求から


無料で、希望に合った納骨堂の資料を一括請求できる便利なサービスです。

 

 

 

納骨堂の種類 関連ページ

このページの先頭へ