イメージしやすい「お墓」

納骨場所として一番イメージしやすいのは「お墓」でしょう。

実際、いろいろな選択肢が出てきた現在も、この選択肢が

もっとも多く選ばれています。

 

手順

お墓の場合、一周忌に納骨するのが一般的です。

石の下の部分などに骨壷を収容できるスペースがあります。


「いくつ入るのか?」という素朴な疑問がでてくると思いますが、

これは2~3個の小規模のものから、

何代にもわたって収容できる大きさのものまで

実にさまざまです。


お墓の場合、「こういう手順で」というのがしっかり資料として存在しており、

とまどうことがほとんどないでしょう。

よく小説などでも取り上げられているように「参拝」も容易で、

とまどうことが少なくてすみます。

 

難しさ

前の項でも触れましたが、「家」という考え方が強いため、

ひとによってはいろいろな葛藤が生じます。

また、核家族化に伴い、俗に言う「墓守」が少なくなっている、という

現状もあります。


加えて「檀家」のみしか入れないということがあったり、

費用や土地の不足などが問題点としてあがってくることもあります。


どちらかというと土地に余裕がある田舎や地方で

選択されるケースが多いです。


しかし、「イメージしやすく」「とまどいが少なく」「誰もが思いつきやすい」

というのは、お墓ならではの利点です。

費用や跡継ぎの問題、心情的な難しさはありますが、「考えやすい」選択肢と

言うことができるでしょう。


まずは資料請求から


無料で、希望に合った納骨堂の資料を一括請求できる便利なサービスです。

 

 

 

納骨場所はどこにする? 関連ページ

このページの先頭へ